忍者ブログ
鉄道・バス・模型を中心に。不定期更新です・・・
2007~2008年の年越しは駅で part1

皆様、明けましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願い申し上げます。

さて、改めましてこんばんは。
以前から友人の間で計画していた通り、2007~2008年にかけての年越しは駅ですることになり、計画通り実行されることになりました。今回は記事の特性上長さがつかめないためいくつかのpartに分けて書きたいと思います。

12月31日、23時頃終夜組の友人2名と大宮駅で合流。23時30分発の寝台特急「北陸」をバルブ。

いよいよ本番となるだけあって同業者も増えてきた。23時50分頃、埼京線もどきさんとたかしさんは0時0分発券の切符を買うべく、改札口へ向かい、自分一人だけになる。そして23時56分、少し早めの接近放送が流れ、ここ大宮駅での停車中に年を越す列車、急行「能登」が入線する。23時59分到着、0時1分発。この2分間ホームの同業者達の間にはカメラのシャッターを切りながらもどことなく緊張した空気が漂う。そして約1分後、午前0時0分。一部の同業者の間から歓声が上がり、年が変わった。そう、2008年(平成20年)になったのである。


約1分後、「能登」が発車。見送りながら自分も早速、中央線方面へ行っている隆さん(自分の先輩)に電話を掛け、新年お決まりの挨拶を交わし、今後の行動について話し合う。0時5分頃、先程切符を買いに行った2名が戻ってきて、またお決まりの挨拶を交わし、寒いので京浜東北線ホームへ移動。停車中の列車(209系)に乗車し、さいたま新都心まで向かうことに。ところがこれが間違いで、さいたま新都心駅はさいたまスーパーアリーナのイベント客で一杯。列車入線まで15分もある中、続々と人が増えていく。そして列車入線、乗り切れないかと思ったがそうでもなく、この辺りはさすが4ドアの実力だなと実感。211-1000なんかだったらどうなっていた事やら・・
所変わって上野駅。ここから山手線に乗り換え、東京駅中央線ホームで待つ隆さんの所へ。山手線はさすが「東京の顔」と言われるだけあってか、10分間隔で運転。地元路線がこんなにすごいものだと初めて知った。
東京駅到着後、隆さんと合流。結局1時間の間に201は一本も来なかったようで、発車まで時間がある車内で予定を打ち合わせ。次の列車で移動したがこれが大間違い。御茶ノ水付近で201系とすれ違ったのである。急遽予定変更。神田から新宿まで乗ることに。隆さんは録音目当てだったのだが、時刻は既に2時30分。初詣に向かう客で一杯でとても録音できる状況ではなく、しばらく乗車して様子を見るとのことで、新宿で別れる。


新宿駅停車中のH6編成。今回が201系にとって恐らく最後の終夜運転となる。

追伸(追記):1月9日、画像を追加しました。時間がないので備忘録のような形式となっています。近日中に次Partの続きを書く予定ですのでお楽しみに。

それでは
PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索

カウンター

プロフィール

HN:
m3600
性別:
非公開
Twitter