忍者ブログ
鉄道・バス・模型を中心に。不定期更新です・・・
[沖]沖縄バス 沖縄200か440 三菱ふそう U-MP618K


車両は三菱ふそうのみを導入、
新旧様々なエアロスターが在籍する沖縄バス。エアロスターKの440号車は自家用だったものを中古購入、前中扉にメトロ窓を装備する1点物の1台です。導入当初は方向幕でしたが、後年フルカラーLED併設のものに交換されました。老朽化のため、2017年春に引退しています。

撮影日:2016年3月15日
登録番号:沖縄200か440

メーカー:三菱ふそう
型式:U-MP618K
車体:新呉羽/エアロスターK
年式:1992
移籍等:自家用→沖縄バス
PR
[沖]琉球バス交通 沖縄200か350 日野 U-HT2MLAA


箱根登山バスから琉球バス交通へと移籍した日野ブルーリボン。都営バスの発注流れ、A代車相当と見られる1台です。トップドア仕様ではある物の、都営バスで言うところの中ドアがある位置を大型側板で埋め込み、側面窓も左右に柱が付く非常に独特な形状をしています。箱根登山バスには複数台が存在しており、移籍した車両は復刻塗装車だった様です。その為、通常の白ベースの琉球バス塗装ではなく、クリーム系の色を活かした塗装になりました。二度の移籍で2005年頃より沖縄の地に渡りましたが、老朽化の為、2017年までに引退が確認されました。

撮影日:2016年3月15日
登録番号:沖縄200か350

メーカー:日野
型式:U-HT2MLAA
車体:日野車体/ブルーリボン
年式:1995
移籍等:箱根登山バス→琉球バス→琉球バス交通
[沖]琉球バス交通 沖縄200か・257 日野U-HU2MLAA


琉球バス交通 沖縄200か・257 日野 U-HU2MLAA 日野車体/1991(元神戸市交通局→琉球バス)
何やら見覚えのある塗装を纏う琉球バス交通の日野ブルーリボンU-HU。神戸市交通局からの移籍車で、数台の僚車と共に移籍しました。この付近のナンバーの車両は塗装を変更される事が少なく、元事業者の塗装を最低限に手を加えただけでの仕様が特徴です。現在は後継となる新型車へ代替され、引退しています。

撮影日:2015年11月9日
[沖]那覇バス 沖縄200か・404 いすゞ U-LV324L/富士重工7E


那覇バス 沖縄200か・404 いすゞ U-LV324L/富士重工7E(R17E) FHI/1993(元朝日自動車)
東武バスから東武グループの朝日自動車を経て、沖縄の地へ渡ったいすゞキュービックU-LV、富士重工車体架装車。同型車は多くの台数が存在しますが、東武バスから直接移籍した車両の方が多く、グループ会社からの三度目となる移籍は珍しいと言えます。那覇バスでは郊外線用車両として使用されており、後扉は形こそ残るものの、完全に封鎖され、車内には座席が設置されています。側面方向幕も使用されていません。移籍から10年程が経ち、今後移籍車の代替が進み、近い時期に引退が予想されます。

撮影日:2015年11月7日
[沖]琉球バス交通 沖縄200か・565 日野 U-HT2MMAA改


琉球バス交通 沖縄200か・5 65 日野 U-HT2MMAA改 日野車体/1994(元京浜急行)
琉球バス交通の前身となる琉球バス時代末期、730車代替の目的で大量に導入された京浜急行からの移籍車の1台。ブルーリボンU-HTの中でも、京浜急行向けの改造扱いで登場した「京急型ワンステップバス」です。まとまった台数が在籍していましたが、移籍から年数が経ち、2016年より後継車となるいすゞエルガ・LV290への代替が開始され、残り僅かとなりました。

撮影日:2015年11月8日
[沖]東陽バス 沖縄200か・359 日野 U-HT2MLAA


東陽バス 沖縄200・359 日野 U-HT2MLAA(元南海バス)
南海バスより沖縄、東陽バスへ移籍の日野ブルーリボン。数台の同型車が在籍しており、現在も活躍しています。同じ沖縄地区では琉球バス交通の方にも同型車の移籍があり、メーカーを問わずとすれば沖縄バスにも三菱ふそう・エアロミディの移籍車が存在するため、市内各所で顔を合わせる事もあります。

撮影日:2015年11月9日
[沖]那覇バス 沖縄22き・445 いすゞU-LV324L


那覇バス 郊外線 沖縄22き・445 いすゞ U-LV324L IK/1992(元那覇交通)
那覇バスに在籍している「観光マスク」のいすゞキュービック。自社発注の郊外線仕様で、複数台が在籍しています。この他に市内線用の路線バス仕様の車両も在籍しており、全国的にも貴重な存在となっています。1992年式と、古参格の部類に入りますが、現在も活躍しています。

撮影日:2015年11月9日
[沖]那覇バス 沖縄200か・800 三菱ふそうKC-MP747K


那覇バス 沖縄200か・800 三菱ふそう KC-MP747K MFBM/1998(元東急バスA1785)
2011年頃、沖縄の地、那覇バスへ渡った三菱ふそうエアロスター・ノンステップ。初期のノンステップバスとしての完成形と言える車両で、前ドア、中ドア共グライドスライドとなっています。東急バスでは初となるノンステップバスとして総勢35台程が導入されましたが、経年により順次引退。KC-MP747Kとしては、この1台のみが沖縄へ渡り、僚車とは離れて第二の人生を送ることになります。市内線用の仕様で、現在も活躍しています。

撮影日:2015年3月26日
[沖]琉球バス交通 沖縄200か・795 日産ディーゼルKC-UA460HSN/富士重工7E


琉球バス交通 沖縄200か・795 日産ディーゼルKC-UA460HSN/富士重工7E(R17E) FHI/1998(元東急バスKA1700)
琉球バス交通、東急バスより移籍の日産ディーゼルKC-UA・富士重工7E。年式を問わずに見るとおよそ15台の仲間と共に沖縄の地へ渡り、東急バス時代には装備されていなかったフォグランプも未設置のまま、現在も活躍しています。前回の記事の那覇バス339号車と比較するとほぼ差が無く、同一の塗装を採用している事が分かります。那覇バスと琉球バス交通はそれぞれ前社号時代、経営危機に陥り第一交通産業傘下において経営を再建。経営統廃合は行われませんでしたが、琉球バス交通発足以降に導入された車両については同一塗装を採用する運びとなりました。
[沖]那覇バス 沖縄200か・339 日野U-HT2MMAA


那覇バス 沖縄200か・339 日野 U-HT2MMAA 日野車体/1992(元東武バス)
沖縄のバス事業者、那覇バス、東武バスより移籍の日野ブルーリボンHT3ドア車です。このタイプの車両は全5台が移籍し、内2台は市内線用の塗装でした(少し前のLV239号車と同じ塗装です)。339号車他の3台は郊外線用の仕様で、中ドア、後ドアは全て閉鎖され、座席が増設されています。3ドアを活かす使い方があったような気もしますが・・・2004~5年頃に沖縄の地へ移籍後、10年ほど活躍しましたが、現在は引退しています。

撮影日:2015年3月27日
カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

カウンター

最新コメント

[04/05 m3600(管理人)]
[02/01 大樹]
[09/06 m3600(管理人)]
[09/05 サスケ]
[07/23 m3600(管理人)]
プロフィール

HN:
m3600
性別:
非公開
Twitter