忍者ブログ
鉄道・バス・模型を中心に。不定期更新です・・・
[沖]那覇バス 沖縄200か620 いすゞジャーニー KC-LR333J/富士重工8E


東武グループ系列の茨城急行自動車から沖縄、那覇バスへ渡ったいすゞジャーニー、富士重工8E架装車です。前後ドア仕様で地方都市で活躍する事が多い形態ですが、那覇バスでは市内線で使用されています。

撮影日:2017年12月11日
登録番号:沖縄200か620

メーカー:いすゞ
型式:KC-LR333J
車体:FHI/R18E
年式:1996
移籍等:茨城急行自動車→那覇バス
PR
[沖]那覇バス 沖縄200か217 いすゞキュービック U-LV324N改


京成系、東京ベイシティ交通から沖縄の地へ渡った3ドアのいすゞキュービック、U-LV324N。那覇バスの前身となる那覇交通時代の移籍でした。
当初は市内線の一般用途で使用されていましたが、晩年はニッポンレンタカー那覇空港営業所の利用者送迎用として空港周辺で使用されました。2017年までに廃車となっています。那覇バスでは後年に移籍した京成バス、名古屋市交通局からの移籍車の導入もあり、比較的多くのいすゞ製3ドア車が活躍していました。

撮影日:2015年3月27日

登録番号:沖縄200か217
メーカー:いすゞ
型式:U-LV324N改
車体:IKコーチ/キュービック
年式:1991
移籍等:東京ベイシティ交通(1067)→那覇交通→那覇バス
[沖]東陽バス 沖22か906 日野RE101


沖縄の地で動態保存され美しい状態が保たれている「730車」の2台のうち1台は東陽バスの906号車です。2009年に内外装のリフレッシュが行われ、輝くメッキバンパー等各部の状態は良好と思われます。国内では弘南バスでもRE101型を保有しており、906号車を含めると現役で運行するのは2台となります。馬天営業所の予備車として、日曜祝日に191番の路線・ダイヤ限定で運行されて来ました。しかしながら、月日が経つにつれタッチアップ等の補修痕が目立つようになり、2018年に入り、再度同様のリフレッシュを行うべく、7月現在では長期休車とアナウンスされていました。

※加筆・修正
2018年8月頃に補修が完了し、再び美しい姿で運行中です。

撮影日:2017年12月10日

登録番号:沖22か906
メーカー:日野
型式:RE101
車体:日野車体/RE101
年式:1978


[沖]琉球バス交通 沖縄22き253 日産ディーゼルUA U-UA510TAN/富士重工7B(引退)


U-規制のUA系に設定されていた高出力エンジン車のUA510系。標準出力のUA440系とは異なり、エアサス仕様のみの設定で、全体的な台数は少ないです。琉球バス交通には国産バスでは最大級となる全長約12M、ホイールベース6.5MのT尺、富士重工7B車体で導入。着席定員も多く、定期観光バスとして使用されていましたが、後年に路線バスへ転用されました。全9台が導入され、主に朝夕の113・123番で運行、高速道路も走行していました。老朽化の為代替が進み、2018年春では残り2台にまで減少、夏頃までに全車が廃車となっています。琉球バス交通にはこの他、路線バス仕様となる前中ドアのUA510LAN(富士重工7E車体)も在籍しています。
※2018.9加筆・修正

撮影日:2016年3月14日
登録番号:沖縄22き253

メーカー:日産ディーゼル
型式:U-UA510TAN
車体:FHI/R17B
年式:1990
[沖]琉球バス交通 沖縄200か559 日野ブルーリボン U-HT2MMAA


沖縄、琉球バス交通で活躍する京急移籍車の日野ブルーリボン。その中には京急時代「赤バス」と呼ばれたワンロマ車が存在します。車内は全てハイバックシートとなっており、中ドアは封鎖されています。移籍当初は方向幕を装備しており、後年フルカラーLEDへの交換が行われていますが、経年車である事を考えるとあまり先は長くないのかも知れません。

撮影日:2017年12月12日
登録番号:沖縄200か559

メーカー:日野
型式:U-HT2MMAA
車体:日野車体/ブルーリボン
年式:1994
移籍等:湘南京急バス(G3432)→琉球バス交通
カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

カウンター

プロフィール

HN:
m3600
性別:
非公開
Twitter