忍者ブログ
鉄道・バス・模型を中心に。不定期更新です・・・
[東]関東鉄道 9380TC 日野 KL-HU2PPEE


関東鉄道 土浦営業所所属 9380TC 土浦200か13-73 日野 KL-HU2PPEE 日野車体/2002
2014年、京成バスより関東鉄道に移籍した日野ブルーリボンシティ・ノンステップKL-HU。エンジン縦置きのフルフラットノンステップバスとしては比較的後期の車両で、関東圏では東急バスや京成バス、そのグループ各社に見られましたが、数はそれほど多くはありませんでした。関東鉄道には2014年に9380TCが配置された後、翌年2015年に再び京成バスから9400TCが移籍。2台共同一型式、同一営業所へ配置されていますが、屋根肩部の塗り分けなどが異なり、違いを楽しむ事ができます。車両の特性上、関東圏への移籍例は少ないのですが、貴重な移籍とも言える関東鉄道では末永く活躍できる事を期待します。

撮影日:2014年8月24日
PR
[東]青森市営バス 青森200か・・32 いすゞ KC-LV280N/富士重工7E


青森市営バス 青森200か・・32 いすゞ KC-LV280N/富士重工7E(R17E) FHI/1998
青森市営バス自社導入のいすゞキュービック。ツーステップ低床車で、黒サッシ逆T字窓仕様となっています。この他、ナンバーが1番違いの31号車は2段窓銀サッシとなっており、かなり印象が異なります。同社には川崎市バスより移籍したU-LVが在籍していますが、それともやや違った印象のある1台です。現在も活躍しています。

撮影日:2014年3月4日
[東]東京都交通局 K-X296(南千住) いすゞ QQG-LV234L3


東京都交通局 南千住自動車営業所所属 K-X296 足立200か26-16 いすゞ QQG-LV234L3 J-BUS/2012
2012年、東京都交通局に8台が導入されたいすゞエルガ・ハイブリッドQQG-LV。前中扉間に大きく「HYBRID」のロゴが入り、存在感をアピールしています。非公式側最後部の座席はバッテリースペースのため、通常のエルガに比べ1席減少しています。走行性と操作性に独特のものがあり、主要路線で活躍・・・とはなかなか行かないようで、深川営業所(S)に導入された4台以外はナンバーの再登録が絡む転属が行われています。近隣の東急バスなどでは継続して導入されていますが、東京都交通局では2012年のX代以降導入されていません。現在も活躍しています。

撮影日:2015年8月15日
[東]東京空港交通 594-20542R5 日産ディーゼル KL-RA552RBN/富士重工1M


東京空港交通 594-20542R5 品川200か11-15 日産ディーゼル KL-RA552RBN 富士重工1M(R21M) FHI/2002
白ベースにオレンジのパターンカラーが印象的な通称:リムジンバス。関東で一度は見かけた事のある塗装ではないでしょうか。正式名称は東京空港交通で、いすゞ以外の主要3メーカーの様々な車種を導入しています。日産ディーゼルスペースアローKL-RAに富士重工1Mという組み合わせの車両は、かつてかなりの台数が導入された輸入車のユーロツアーの生産終了に代わるような形で、2000~2002年まで一定数導入されました。その後は富士重工業の製造撤退に伴い、西工ボディへと変化しています。現在では古参格車両となっており、徐々に引退が進んでいます。

撮影日:2016年9月10日
[東]関鉄観光バス 9225TC いすゞ U-LV324L


関鉄観光バス 9225TC 土浦200か・6 79 いすゞ U-LV324L IK/1991(元京成バス→関東鉄道)
2004年、京成バスから茨城の関東鉄道へ移籍したいすゞキュービックU-LV。僚車と共に移籍し、関東鉄道で活躍しましたが、9225TCのみ2008年頃にグループの関鉄観光バスへ移籍、以後は同社が受け持つ特定輸送での運行が中心となり、2015年に引退しています。

撮影日:2015年1月25日(貸切乗車会時、事業者私有地内で許可を得て撮影)
[東]宮城交通 仙台200か・326 日野 KC-HU2MLCA

宮城交通 仙台200か・326 日野 KC-HU2MLCA 日野車体/1998(元東京都交通局)
2011年~2012年にかけ、東日本大震災の復興支援として、東北地方の宮城交通に移籍した日野ブルーリボンKC-HU。東京都交通局時代は都市新バス仕様車として活躍し、2011年頃から運用を離脱。順次宮城交通へ移籍し、最終的には東京都交通局時代に導入された同年車10台全てが移籍を果たしました。現在も活躍しています。

撮影日:2013年10月12日
[東]茨城交通 水戸200か12-48 いすゞ KC-LV380L


茨城交通 水戸200か12-48 いすゞ KC-LV380L IBM/1998(元千葉中央バス)
2012年、京成グループの千葉中央バスより移籍したいすゞキュービックKC-LV。南関東方面からの移籍車で同型車が他にも在籍していますが、千葉中央バスからの移籍車はこの1台のみとなっています。前中引戸の車体で、方向幕部分には茨城交通で採用例の多い通称「切れないLED」を採用しており、カメラの高速シャッターでもはっきりと写すことができます。現在も活躍しています。

撮影日:2014年8月9日
[沖]那覇バス 沖縄200か・404 いすゞ U-LV324L/富士重工7E


那覇バス 沖縄200か・404 いすゞ U-LV324L/富士重工7E(R17E) FHI/1993(元朝日自動車)
東武バスから東武グループの朝日自動車を経て、沖縄の地へ渡ったいすゞキュービックU-LV、富士重工車体架装車。同型車は多くの台数が存在しますが、東武バスから直接移籍した車両の方が多く、グループ会社からの三度目となる移籍は珍しいと言えます。那覇バスでは郊外線用車両として使用されており、後扉は形こそ残るものの、完全に封鎖され、車内には座席が設置されています。側面方向幕も使用されていません。移籍から10年程が経ち、今後移籍車の代替が進み、近い時期に引退が予想されます。

撮影日:2015年11月7日
[東]東京都交通局 S-M206(深川) いすゞ PJ-LV234L1


東京都交通局 深川自動車営業所所属 S-M206 足立200か11-03 いすゞ PJ-LV234L1 J-BUS/2005
2005年~2006年にかけ、東京都交通局におよそ120台あまりが導入されたいすゞエルガ・ノンステップPJ-LV。それまでのKL-LV系と比較するとクーラーユニットがデンソー製の新しいものに変更された点が真新しく感じられます。エンジン回りも一新され、それまでのV8エンジンから中型車向けのV6エンジンをベースにしたものに変更され、走行音も大きく変わりました。このエンジンが改良を重ね、ツーステップ車であれば2016年現在も販売されているQPG-LVまで長く続く事になります。東京都交通局では、OEM関係にある日野ブルーリボンⅡと合わせるとほぼ同一の車両が200台以上、各営業所に導入され、当時代替対象であった先代のY代、Z代を中心に平成初期の導入車を一斉に置き換えました。早いもので導入から10年以上が経ち、いよいよ古参車の部類に入りますが、現在も活躍しています。

撮影日:2014年9月21日
[中]新潟交通 H28-I いすゞ KC-LV380L


新潟交通 H28-I 新潟200か・・28 いすゞ KC-LV380L IBM/1998
新潟交通に1998年、9台が導入されたいすゞキュービックKC-LV短尺車。同社の短尺車キュービックとしては初の前中扉仕様となっており、同型車の1996年導入車(前後扉)とは大きく仕様が異なります。アイドリングストップ機構を装備しており、現在も活躍しています。

撮影日:2014年5月17日
カレンダー

11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索

カウンター

最新コメント

[04/05 m3600(管理人)]
[02/01 大樹]
[09/06 m3600(管理人)]
[09/05 サスケ]
[07/23 m3600(管理人)]
プロフィール

HN:
m3600
性別:
非公開
Twitter