忍者ブログ
鉄道・バス・模型を中心に。不定期更新です・・・
[九]九州産交バス 熊本200か647 日産ディーゼルスペースランナーRP KC-RP250NAN/富士重工7E


メーカーサンプルカー出身、更に水間鉄道から九州産交バスに移籍した日産ディーゼル スペースランナーRPです。サンプルカーらしく、押込通風器が不規則に並ぶ屋根上が特徴的です。9M大型に富士重工7Eの組み合わせです。

撮影日:2017年2月26日
登録番号:熊本200か647
メーカー:日産ディーゼル
型式:KC-RP250NAN
車体:富士重工7E
年式:1997
移籍等:サンプルカー→水間鉄道→九州産交バス
PR
[九]熊本電気鉄道 熊本200か1221 いすゞエルガJ PK-HR7JPAC


日野レインボーHRのOEM供給車、いすゞエルガJ。ステアリングや製造銘板等でいすゞ製と分かる事が多く、供給元のレインボーHRと外観上の大きな差異はありません。製造数も多くなく、2015年に立川バスで行われたさよなら運行で初見だった方も居られるかと思います。熊本県の事業者では自社発注として熊本都市バスや九州産交バスに導入実績があり、この1221号車以外にも移籍車が増える傾向にあります。交通センターなどでは各事業者のいすゞエルガJが並ぶこともあり、今後も活躍を続けそうです。

撮影日:2016年12月10日
登録番号:熊本200か1221

メーカー:いすゞ
型式:PK-HR7JPAC
車体:J-BUS
年式:2005
移籍等:立川バス(H406)→熊本電気鉄道
[沖]沖縄バス 沖縄22き197 三菱ふそうエアロスター P-MP218K


かつて沖縄バスでは自社発注・移籍車を含め数多くが在籍し一大勢力を誇った三菱ふそうエアロスターK。自社発注車では標準尺車の方が多く導入され、短尺車は少数派でした。現在は引退しています。

撮影日:2015年11月9日
登録番号:沖縄22き197

メーカー:三菱ふそう
型式:P-MP218K
車体:新呉羽/エアロスターK
年式:1990
[東]国際興業バス 5467 いすゞエルガ QPG-LV234L3


国際興業バスで活躍するいすゞエルガQPG-LV。2015年秋にLV290系の新型エルガにフルモデルチェンジされた為、エルガハイブリッドを除いた路線用LV234系列のエルガとしては最終型となります。
撮影時は音楽関係のイベント輸送の為、50台余りの台数で東京の若洲周辺を走行していました。

撮影日:2017年5月21日
登録番号:大宮200か2480

社番(所属):5467(戸田営業所)
メーカー:いすゞ
型式:QPG-LV234L3
車体:エルガノンステップ
年式:2015年式
移籍等:-
[沖]沖縄バス 沖縄200か440 三菱ふそうエアロスター U-MP618K


車両は三菱ふそうのみを導入、
新旧様々なエアロスターが在籍する沖縄バス。エアロスターKの440号車は自家用だったものを中古購入、前中扉にメトロ窓を装備する1点物の1台です。導入当初は方向幕でしたが、後年フルカラーLED併設のものに交換されました。老朽化のため、2017年春に引退しています。

撮影日:2016年3月15日
登録番号:沖縄200か440

メーカー:三菱ふそう
型式:U-MP618K
車体:新呉羽/エアロスターK
年式:1992
移籍等:自家用→沖縄バス
[沖]琉球バス交通 沖縄200か350 日野ブルーリボン U-HT2MLAA


箱根登山バスから琉球バス交通へと移籍した日野ブルーリボン。都営バスの発注流れ、A代車相当と見られる1台です。トップドア仕様ではある物の、都営バスで言うところの中ドアがある位置を大型側板で埋め込み、側面窓も左右に柱が付く非常に独特な形状をしています。箱根登山バスには複数台が存在しており、移籍した車両は復刻塗装車だった様です。その為、通常の白ベースの琉球バス塗装ではなく、クリーム系の色を活かした塗装になりました。二度の移籍で2005年頃より沖縄の地に渡りましたが、老朽化の為、2017年までに引退が確認されました。

撮影日:2016年3月15日
登録番号:沖縄200か350

メーカー:日野
型式:U-HT2MLAA
車体:日野車体/ブルーリボン
年式:1995
移籍等:箱根登山バス→琉球バス→琉球バス交通
[九]九州産交バス 熊本200か141 いすゞエルガミオ KK-LR233E1


九州産交バスに在籍するE尺のエルガミオ。
通常のエルガミオより車体が更に短く、「チョロQ」の愛称が付きます。比較的少数派で、関東圏では国際興業や小田急バスなどに導入実績があります。産交バスには4台が導入され、現在も活躍しています。

撮影日:2017年2月27日
登録番号:熊本200か141

メーカー:いすゞ
型式:KK-LR233E1
車体:IBM
年式:2001
移籍等:-
[九]九州産交バス 熊本200か35 日産ディーゼルUA KC-UA460KAM改/富士重工7E


九州産交バスに1999年に1台のみ導入された日産ディーゼルKC-UAノンステップFタイプ。通常の産交バス塗装ではなく、ノンステップ車専用塗装として青系のベース塗装に虹やイルカのイラストを装い、派手な印象を受ける1台です。ホイールベースが5.3Mとなっており、全国的にも珍しい1台です。現在も活躍しています。

撮影日:2017年2月27日
登録番号:熊本200か35

メーカー:日産ディーゼル
型式:KC-UA460KAM改
車体:富士重工7E
年式:1999
移籍等:-
[東]東京都交通局 C-F446(新宿) 日産ディーゼルUA KC-UA460KAM改/富士重工7E


2000年初頭までに少数製造された日産ディーゼルKC-UA460KAM改。通常のF-Typeノンステップバスに改造扱いでCNGタンクを搭載したもので、東京都交通局、大阪市交通局、神戸市交通局に導入され、全車富士重工7E車体架装となっています。東京都交通局では前面セーフティウインドウを装備し(大阪市、神戸市は装備無)、2000年初頭、あの名車F463と共に北自動車営業所にF445~448の計4台が配置されました。その後、F445~447の3台は僅か1年足らずで新宿支所へ転出、F448は2011年に深川へ転出しました。CNGタンク搭載車という特殊性から、4台全車が2013年夏に廃車となっています。

撮影日:2013年8月24日
登録番号:練馬200か135

社番(所属):C-F446(渋谷自動車営業所新宿支所)
メーカー:日産ディーゼル
型式:KC-UA460KAM改
車体:富士重工R17E(7E)
年式:2000年式
移籍等:-
[九]熊本バス 熊本22か25-48 いすゞキュービック U-LV324L


西工車体の車両が多く活躍する熊本バスでは珍しく、いすゞキュービック純正ボディを架装するU-LV324L。中扉は4ツ折、フラットな屋根上が特徴的です。熊本バスには以前、いすゞキュービック純正ボディの車両が複数在籍していましたが、後継車への代替が進み、残り1台となりました。現在も活躍しています。

撮影日:2017年2月26日
登録番号:熊本22か25-48

所属:砥用出張所
メーカー:いすゞ
型式:U-LV324L
車体:IKコーチ
年式:1991
カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索

カウンター

プロフィール

HN:
m3600
性別:
非公開
Twitter