忍者ブログ
鉄道・バス・模型を中心に。不定期更新です・・・
[東]新常磐交通 いわき22か314 日野ブルーリボン P-HT235BA(引退)


常磐交通時代に導入された日野ブルーリボンP-HT。同型車の後期導入分に辺り、こちらの1014号車と比較すると屋根が薄くなり、窓が大型化されるなど差異が見られます。車齢30年目を迎え、順当に引退が進み327号車が湯本車庫で活躍していましたが、2018年10月に引退が確認されました。これにより、新常磐交通からはいわきナンバー登録のP-規制車が全廃となりました。定期運用を行わない福島ナンバー登録(北営業所向け)の2台が依然在籍するものの、日常的に稼働する事は無い為、実質的に稼働車は全廃の状況です。近年では同社にも関東地方の事業者からの中古ノンステップバスを継続的に導入しており、訪問する度に状況が変わってしまいます。今後も注目の事業者となるでしょう。


撮影日:2015年2月15日(いわき中央営業所構内、許可を得て撮影)

登録番号:いわき22か314
メーカー:日野
型式:P-HT235BA
車体:日野車体/ブルーリボン
年式:1987
移籍等:常磐交通→新常磐交通
PR
[東]茨城交通 水戸200か46 日産ディーゼルRM P-RM81G/富士重工6E(引退)


遡る事1999年に西武バスから茨城交通へ移籍した日産ディーゼルRM、富士重工6E車体架装車です。近年まで数台の僚車も活躍していましたが、経年には勝てず徐々に引退、後を追うように他社からの移籍車6Eも全て引退してしまい、46号車が最後の1台として孤軍奮闘していましが、2018年9月の車検を通さず、引退となりました。茨城交通では
自社発注車の水戸22あ1382を残すのみとなり、他事業者の状況も見据えた場合、関東地方から6E車体が完全引退する日も遠くなさそうです。

撮影日:2018年6月17日(貸切乗車会時に撮影)
登録番号:水戸200か46
メーカー:日産ディーゼル
型式:P-RM81G
車体:FHI/R16E
年式:1989
移籍等:西武バス→茨城交通
[東]ちばレインボーバス 405 日野ブルーリボン U-HT2MMAA


千葉ニュータウン・北総地域に路線を展開する京成グループのちばレインボーバス。明るい水色をベースに虹をデザインしたオリジナル塗装の他、京成バス塗装のままの車両も在籍しています。405号車は京成バス長沼営業所からの移籍で、数台の僚車と共にちばレインボーバスで特定輸送車として活躍しました。現在は廃車となりましたが、千葉市へ引き渡され、花見川区の公園内で貝塚文庫(図書館)として活用されています。

撮影日:2013年11月14日

登録番号:習志野200か768
社番:405
メーカー:日野
型式:U-HT2MMAA
車体:日野車体/ブルーリボン
年式:1993
移籍等:京成バス(N405)→ちばレインボーバス(405)
[東]青森市営バス 青森200か443 三菱ふそうエアロスターM U-MP218K


青森市内に路線を展開する青森市営バス。自社発注車の他、まとまった数の川崎市バスからの移籍車が在籍していましたが、
近年では新型ノンステップバスのMP38等を積極的に導入しており、代替が進んでいます。かまぼこ型のベンチレーターやアウターガラスが目立つ存在の移籍車も近く姿を消しそうです。

撮影日:2014年3月4日
登録番号:青森200か443
メーカー:三菱ふそう
型式:U-MP218K
車体:MBM
年式:1993
移籍等:川崎市バス→青森市営バス
[東]新常磐交通 いわき22か596 日野ブルーリボン KC-HT2MMCA


福島県いわき市に路線を展開する新常磐交通で活躍する日野ブルーリボンKC-HT。常磐交通時代の1998年に3台が導入されました。それまでのU-、P-規制の導入数に比べると少数派で、嘗てはかなり派手な全面広告車も存在しましたが、2018年現在は3台とも新塗装に変更されています。

撮影日:2015年2月15日(許可を得て撮影)

登録番号:いわき22か596
メーカー:日野
型式:KC-HT2MMCA
車体:日野車体/ブルーリボン
年式:1998
移籍等:常磐交通→新常磐交通
カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

カウンター

プロフィール

HN:
m3600
性別:
非公開
Twitter